ハニーココには副作用はあるの?育乳成分の詳細

ハニーココは憧れボディが手に入るとみんなひそかに飲んでいるらしいのですが・・・

 

 

その効果も気になるところですが、やはり気になるのが副作用。

 

ハニーココもバストアップ効果があるみたいですが、それは女性ホルモンに働く成分があるからですよね?

 

 

調べてみるとハニーココには「プエラリア」という成分が入っているそうです。

 

プエラリアとはタイ北部、ミャンマーの山岳地帯でとれる植物でその根には女性ホルモンと同じような働きをするイソフラボンが含まれているそうです。

 

現地では古くから若返りの薬として食されているみたいです。
タイ北部の女性が年をとっても美しい胸をしているという事で発見されたそうですよ。

 

 

ホルモンバランスを整え、エストロゲンの分泌を促してくれるものですが、過剰することで副作用があるようです。
・生理不順
・ニキビ
・肌荒れ
・下痢
・便秘
・胃の不快感

 

 

これらの副作用がでるようですが、サプリの容量も守れば副作用に悩まされる心配はないようです。

 

 

バストアップや美ボディの効果はたくさん飲んだからそれだけ効くというものではありませんのでくれぐれも多量に飲んだり、飲むのを忘れたからと言って翌日倍飲むみたいなことはないようにするようにしましょうね!

 

容量さえ守れば、プエラリアは女性にとって強い味方になる成分という事ですね。

 

しかもハニーココはサプリメント専門機関で開発され、上質な成分を使っているみたいなので尚安心です!

 

 

女性ホルモンと同じような働きをするイソフラボンですが、一番有名なのは大豆に含まれているという事ですよね。

 

プエラリアにはイソフラボンが大豆の40倍も含まれているそうです。

 

このイソフラボンがエストロゲン(女性ホルモン)の働きを助けてくれるのだとか。

 

エストロゲンは女性らしい体つきを作る重要なホルモンで、30代後半から減り始め、閉経するとさらに激減すると言われています。

 

エストロゲンが減少するとコラーゲンも減少し、肌のハリ、艶がなくなったり、髪のコシ、艶がなくなったり、抜け毛が増えたり、自律神経のバランスも狂うことでのぼせ、冷え、精神不安定など様々な症状が出てきます。

 

 

閉経の時期に起こる更年期障害のすべてはこのエストロゲンの減少が原因みたいです。

 

 

年々減少してしまうエストロゲンをハニーココで補うことができるので安心ですね。

 

 

バストアップはもちろんですが、ダイエット効果、美容効果をプラスして2種類から選べるようになっています。

 

ダイエット効果がプラスされたタイプには、コレウスフォルスコリ、L-カルニチン、メリロートなど脂肪の燃焼を助けたり、むくみ解消の効果があるダイエット成分が含まれてスリムだけど女性らしいボディづくりを目指せます。

 

美容効果がプラスされたタイプにはビオチンやプラセンタなどの7種の美容成分をバランスよく配合し、体の内側からお肌や髪の潤いと艶をサポートしてくれます。

 

ちなみにこれらのダイエット成分や美容成分も安全なもののようです。

 

ただ中には、プエラリア同様、過剰摂取すると何かしらの体へ症状は出るようですのでお気を付けくださいね。
普通に飲む分には大丈夫みたいですよ。

 

 

調べてみて分かりましたが、ハニーココは安全な育胸サプリのようですね!
一日の摂取量目安が5〜10粒となっていますので、それを超えないようにコツコツ毎日続けましょう!

 

⇒ハニーココの公式サイトはこちら